本は”読む”から”聴く”時代になった!

「iOS 12」が誰でも使えるように!パブリックベータ版のダウンロード方法を解説!

Appleが6月26日の早朝、iOS 12のパブリックベータ版を公開しました。

Appleの発表会「WWDC 2018」でiOS 12が発表されたときには、まだApple Developer Programの会員のみしか使えなかったので、
先に体験したいがために、年会費11800円を払って会員になろうかと考えていた矢先。

パブリックベータ版が公開されたのを知って、初めてのベータ版をダウンロードしてみました!

ちなみに、パブリックベータ版というのは、Appleのユーザーであれば誰でも使えるベータ版です。

この記事では、iOS 12のパブリックベータ版のダウンロード方法を解説します。

補足
iOS 12は正式リリースされました。
Public betaは新しいiOSのベータが公開されたら利用できます。

iOS 12 Public betaをダウンロードする方法

秋のリリースを待てない!今すぐ試したい!という方、お待たせしました。
早速ですが、パブリックベータ版のダウンロード方法を解説したいと思います。

ただし、ベータ版だとAppleのサポートが受けられない場合があります。

なので。

必ず自己責任で!
正式リリース前のベータ版です。自己責任で行ってください。
不具合等があるかもしれません、必ずバックアップを取ってからアップデートを行ってください。
端末に問題が生じた場合、責任は取りかねます。

ベータ版の端末が故障した場合、Appleに持っていっても修理を断られる可能性があります。

対応しているのはiPhone 5s以降の端末

iOS 12に対応しているのはiPhone 5s以降の端末です。私の旧端末iPhone 5には対応していませんでした(泣)

iOS 12ではパフォーマンスが最適化されており、iPhone SEやiPod touch 6にも対応しています。
今の処理速度にストレスを感じているなら改善されるかもしれません。

(出典 : https://www.apple.com/)

手順1
まずはiTunesでバックアップ
まず、iTunesで必ずバックアップ取りましょう。
元の状態に戻すために必要なので、忘れずに!
手順2
Safariを開く
Safariで「Apple Beta Software Program」にアクセス。
Appleのアカウントを持っているならログイン、持っていない場合は作成しましょう。
確認コードを入れて、ログインを完了させましょう。
手順3
プロファイルをダウンロード
ログインができたら「macOS」「iOS」「tvOS」と選択できるボタンがあるので、「iOS」を押しましょう。

スクロールして、
②プロファイルをダウンロードします。
のところのbeta.apple.com/profileのリンク、もしくは「プロファイルをダウンロード」を押してプロファイルをダウンロードしましょう。

※Safari以外のブラウザだと、ファイルとして表示されて、ダウンロードすることができません。

手順4
端末を再起動
プロファイルがダウンロードできたら、画面に「再起動が必要です」と表示されるので、ボタンを押して再起動しましょう。
手順5
iOS 12 Public betaをインストール
再起動が終わって、端末が起動できたらプロファイルは無事ダウンロードできました。

それでは、端末をbeta版のほうにアップデートしていきましょう。
設定アプリから「一般」を選んで、次に「ソフトウェア・アップデート」を押してください。
アップデートの確認が終わると、「iOS 12 Public beta」が表示されるので、「ダウンロードとインストール」からアップデートを開始しましょう。

完了
インストール完了
私のiPhone8では、約20~30分後にインストールが完了しました。
古い端末だと、もう少し時間がかかるかもしれませんが、パスコード入力の画面になったら完了です。

お疲れ様でした。

まとめ

今回は「iOS 12 パブリックベータ版」のダウンロード方法を解説しました。
正式リリースは秋頃とのことなので、私はベータ版を使いながら楽しみに待つことにします。

もし端末に問題が生じたり気に入らなかったりした場合は、アンインストールも可能です。

最後までお読みいただきありがとうございました!