プロフィールページが新しくなりました

LifeisTech! ライフイズテックのキャンプに5回参加した感想を語ってみる。

この記事では、私が5回参加した「LifeisTech!」のキャンプの感想や内容について語りたいと思います。

とりあえず、LifeisTech!とはなにか。「中高生向けのITキャンプとスクール」を運営している会社です。
基本的にキャンプは春休みや夏休み、クリスマス頃に開催されていて中高生限定で参加ができます。
私は、学校に宣伝のポスターが掲示されていて、それを見て初めて参加したのが中学1年生の夏休みのキャンプでした。

詳細を語る前に、LifeisTech!のキャンプに参加してココは良い!と思った点を紹介します。

あくまで個人の感想なので、参考までに留めておいてください。
※一部ネタバレ要素があります

LifeisTech!キャンプの特徴・良い点

(画像 : https://life-is-tech.com/)

Life is Tech !のホームページ

開催場所が全国の大学!

これが一番、LifeisTech!に参加して良かったと思える所かもしれません。
普段使えないような大学の講義室や部屋を貸し切って行われるので、それだけでちょっとテンションが上がります。

昼食は、場所にもよりますが大学の食堂やレストランなどで、好きな物を食べることができます。
(大きな大学だと色んな場所に食堂があるので、グループのメンバーで選んで毎日違うところに行くといったことも。)

全国各地の大学で開催されていて、近い場所を選んでキャンプに参加することができます。

同世代の同じ興味を持った子と知り合える

各地から色んな人が集まって、大きい会場ですと300人を超える中高生が参加しています。
Webや映像、アプリ開発など様々なコースごとにグループがあり、大体同じぐらいの学年でメンバー分けされています。
そのグループのメンバーで開発をしたり食事をしたりなどしますよ~。

グループに一人か二人、「メンター」と呼ばれる大学生のスタッフがいてその人達が期間中サポートしてくれて
例えば、わからないことができた時やエラーが出てしまった時に一緒に先生のように問題を解決していってくれます。

1日目はメンバー同士で自己紹介をしたり、開発環境の構築を行います。
キャンプでは、「アクティビティ」と呼ばれる屋外で活動したりゲームをする時間があります。

一緒に行動したり開発することでメンバー同士も初めて会った人同士なのに、徐々に仲良くなっていくんですよね。

一日の開発の終わりの時間になると、Facebookのキャンプ専用グループで進捗状況を投稿します。(メンターさんが投稿の仕方は教えてくれますよー)
他のグループのメンターさんやメンバーからいいねやアドバイスが貰えるので、強制ではありませんがアカウントを持っていない人は作っておくことをおすすめします。
グループのメンバーや気になった人に友達申請を送っておけば、メッセージ機能でキャンプ終了後にもやり取りができます!
(同じ興味を持った人との人脈を広げたいなら率先するべし。)

(メンターさんとの個人チャットなどはスタッフの決まりごとでやってはいけないらしいです)

キャンプには、通いプランと泊まりプランという2つがあります。
通いプランは、毎日決められた時間までに開催されている大学に行ける人におすすめです。

泊まりプランで「私、ど田舎に住んでるから近くに大学がない」という方も、都市圏の大学に行ってみるのもいいかもしれません。
知り合いと一緒に参加する時は申告することで宿泊部屋を一緒にしてもらうことができます。

私が行ったキャンパスですと、「立命館大学 大阪いばらきキャンパス」と「大阪大学 豊中キャンパス」の参加人数が多くキャンパス自体も広いのでおすすめです。

旅館やホテル、各会場によって泊まる場所は変わりますが夜のアクティビティがあったり夜まで開発を楽しんだりとかもできるようです。
(ただ、もちろんのことながら別途で料金が掛かってくるので..)

作りたいものを自由に作れる

メンターさんに、気軽に分からないことは質問できるのでどんどん活用しましょう。
こういう感じで作りたいといったものが事前にあると、メンターさんが開発の計画を立ててくれるので効率よく進めることができます。

とりあえず、「こういう風にしたい」と思ったことはどんどん伝えてアドバイスやサポートをもらいましょう!

LifeisTech!キャンプの内容について

ここからはキャンプの具体的なイベントの内容についてまとめていきます。
全てを紹介すると、文章が長くなって読むのも疲れると思いますので、ピックアップしてお届けします。

女子でも参加OK!

キャンプには女子でも気軽に参加することができます。
全体の3割~4割ぐらいが女子で、グループにもよりますが女子だけのグループもあれば男子と半々ぐらいのグループもあります。
LifeisTech!は気が利くのでグループに女子1人にならないように考慮もしてもらえます。

メンターさんも女性の方が多く、特に心配する必要はないと思います。
LINEスタンプコースやデザイナーコース、メディアアートプログラミングコースは女子が多いイメージです。

宿泊プランでは、部屋は性別と学年で決まるので、当たり前ですが男子と混ざるといったことはないです。

オリジナルTシャツがもらえる!

キャンプ1日目に受付で、オリジナルのTシャツが貰えます。
色は「青」「赤」「黄色」「空色」「オレンジ色」「ピンク色」「紫色」などがあったと思います。
(これはあくまで私の参加したキャンプであった色なので今後変更される可能性があります)

毎回Tシャツのプリントが変わるので、常連のメンバーだと昔のレアなTシャツを着ていたり。

アクティビティの種類が豊富で面白い!

グループでの親交を深めるために、キャンプ中にいくつかのイベントがあります。
オリジナルの準備体操みたいなのがあったり、夏のキャンプだとかき氷パーティーがあったりとか。

昼食の時間になると、グループごとに行動するのですが、その時に「フォトグランプリ」という写真コンテストが開催されて、
お題にそって、キャンパス内で逆再生動画を撮ったりSnowで盛りまくった写真とかを撮ったりして優勝を決めます。
優勝するとそのグループにお菓子が貰えたり?

これぞスマホを駆使したIT技術みたいな感じですよね(笑)

開発中は音楽でテンションアップ!

会場内では、LifeisTech!がセレクトしたJ-POPや洋楽など流行っている曲が流されています。
音楽を聞きながらの開発はテンションが上がって効率UP!

人数が多い会場だと、DJ MIYUKKI SYSTEMというLifeisTech!が開発した音楽リクエストシステムでYouTubeから流してほしい曲をリクエストすることができます!

司会のLifeisTech!スタッフが面白い!

司会者としてスタッフが2人ほどいるのですが、とにかく面白いです。
場を盛り上げてキャンプをとても楽しいものにしてくれます。
言葉ではうまく説明できないので、参加してからのお楽しみということで。

作った作品を発表して体験できる!

最終日には、キャンプ中に開発した作品をプレゼン発表して、他のコースの参加者に紹介する時間があります。
グループごとに一人30秒から50秒ほどの時間で、メンターさんが作った紹介動画を流しながら工夫したところや苦労したことなどを話します。

その後、体験会という時間が用意されていて作品を展示して他のコースの作品を見たり遊んだりなどができます。
次に参加する時のコース選択の参考にすることもできるので色んな作品を見回るのをおすすめします!

思い出はいつまでも!

キャンプ中には、カメラマンがいっぱい写真を撮ってくれて最終日にスライドショーにしてDVDで一人一枚ずつプレゼントされます。
LifeisTech!のスタッフさんが作っているので映像制作スキルは別格ですよ。「あんなの作りてー」って映像制作コースの人なら思います。

他にもステッカーが貰えたり、オリジナルのストラップやタオルが貰えたりすることもあります!
そして最後に、メンターさんから直筆のメッセージが書かれた認定証をもらってキャンプに幕が閉じます。

スポンサーリンク

まとめ

キャンプの終わりに、LifeisTech!社のスローガン「Why Don’t You Change the World?」についてのお話があるのですがそれがもう感動的でした。
日本語訳すると「なぜあなたは世界を変えないの?」という意味になるのですが、これは参加した人の心に響く言葉なので実際に参加して聞いてみてください。

でもこれだけは言えます。
もし中高生の間に、ITに興味を持っているなら絶対に一度は参加してもいいと言えるイベントです。

私は、このキャンプに参加してITへの興味が深まり、それを起点として色んなことを学んでこのブログを立ち上げました。
こういった体験は中高生からしておくと、目標を持てたりきっかけを掴むことができるのでとても良いと思います。

費用は少し高めですが、それなりの満足度はあります。学校が休みの間にステップアップしたい中高生にオススメなLifeisTech!のキャンプの感想でした。
感想とか内容をダラダラと書いていたらいつの間にか3500文字を超えていました。
最後までお読みいただきありがとうございました

Life is Tech !のホームページ